このエントリーをはてなブックマークに追加
feed
ルービックキューブ ルービックキューブ ルービックキューブ ルービックキューブ ルービックキューブ

昔とても流行ったルービックキューブの形のアイコン。立方体の形をしているので6面あり、それぞれの面で9つの小さな四角の色をそろえる。立方体パズル。全部の面の色をそろえるための時間を競って遊ぶ。
ルービックキューブと言えば・・・
・昔ブームになったおもちゃ。ゲーム。パズル。遊び。
・懐かしさを感じる対象。
・子供から大人まで楽しめる。
・難しいけれどなぜかハマってしまう面白さがある。
・知能指数の高い人はルービックキューブを早くクリアできる?
そんなイメージがある。

このアイコンは黒一色だが、実際のルービックキューブは青、赤、オレンジ、緑、黄色などの様々な色の正方形が配置されており、カラフルである。多くの色があるからこそ難しいゲームである。
このアイコンは小さい四角形が9つ等間隔に並んでいて、それが全体でまた大きな四角形を形成しているイラストである。Illustratorでこのようなイラストを描くときは、最初に小さい四角をひとつ書いて、それを複製して適当に並べてから、整列ツールで間隔を調整すると良い。最初に小さい四角を描くときはちゃんと正方形になるようにシフトキーを押しながら四角形を描く。

日本でもブームになり多くの人が楽しんだが、実際やってみるととても難しいゲームでこのような難しいものがブームになるということ自体が興味深い。時間をかけて適当にまわしていたら偶然色をそろえることができたという場合はあるかもしれないが、このゲームをクリアするための方法を熟知している人はあまり多くはないと思われる。とても早くそろえるプロのような人や愛好家も数多く存在し、そのような人たちはキュービスト、またはキューバーと呼ばれる。
ブームは過ぎ去った今でも、時々テレビ、映画、漫画などに出てくることもある。ルービックキューブを早く解ける人は知能が高いというイメージがあり、そのイメージを利用して出てくることが多い。つまり知能の高い登場人物が手にしていることが多い。