このエントリーをはてなブックマークに追加
feed
クマさん クマさん クマさん クマさん クマさん

クマさんの顔のイラストです。優しい顔をしていますが、目や口をちょっと変更すればいろいろな表情に変更することが可能です。熊という動物は不思議なもので、実際は凶暴な動物で日本人にも恐れられているのに、このような絵やぬいぐるみなどでかわいくて優しいキャラクターとして登場する機会が非常に多いです。一体これはどうしてなんでしょうか。熊は日本各地の山の中に生息している動物で、季節によっては民家のあるところまで山から出てきて人を襲うことすらあります。そんな恐い動物なのに、なぜマンガでは恐いキャラクターとして扱われる機会が少ないのでしょう。子供向けの絵本などでも大抵クマさんは凶暴ではありません。とても不思議です。日本においては熊はツキノワグマとヒグマが多く生息していて、北海道の知床半島にはヒグマがとてもたくさん生息しています。山の中を歩いていたらヒグマに出会う危険が高く、熊よけの鈴をつけて歩くのは必須です。鈴を鳴らしながら歩いてここに人間がいることをあらかじめ知らせておけば、熊は人間にわざわざ近づいてきたりはしません。たまたま偶然ばったり出会ってしまったりすると熊は防衛のために攻撃してくることがあるらしくとても危険です。