このエントリーをはてなブックマークに追加
feed
帽子 帽子 帽子 帽子 帽子

ハットの形をした帽子のイラストです。野球帽とは違う形の、麦わら帽子などと同じような形をしているアイコンです。頭の部分が少し縦長になっています。

カウボーイハットは他にウエスタンハットとか、テンガロンハットと呼ばれるものがあるようです。厳密には違う形のものを指しているのかもしれませんが、似たような形の一種だと思われます。

帽子にはキャップやハットの形の他にも様々な形のものがあります。例えばニット帽、ハンチング、ベレー帽とかはファッションでかぶっている人も多くて日本においてもとてもポピュラーな存在です。おしゃれ以外の用途でも色々な場面で帽子は使われており、コックさんがキッチンで料理をするときにかぶっている背の高いコック帽とか、水泳するときにかぶるスイミングキャップとかはすぐに思いつきます。ちなみに料理人が被っているコック帽の高さは役職ごとに高さが異なっており、総料理長が一番高いそうです。また、背が高いのは蒸れるのを防ぐためだそうです。
ベトナムでは円錐形のベトナム笠という帽子の一種が有名で、観光客がお土産に買ったりするほどベトナムの代表的なイメージとして定着しています。実際にはこの形の笠はおそらく日本でも無いわけではなく、例えば托鉢のお坊さんがかぶっているような笠と似たような形をしています。

一般的には帽子はファッションや日除け(暑さ対策)のために被ることが多いですが、先に挙げたコック帽のように職業上必要なものも多いわけです。ニット帽は寒いときに防寒のために被る帽子として代表的ですね。また、一般的には、室内では帽子は脱ぐのが礼儀だと考えている人が多いようです。特に食事をするときに帽子を被ったままだと無礼なように見えてしまいます。また、他人に挨拶するとき、特に目上の人や初対面の人に挨拶するような場面では帽子をとって挨拶するのが礼儀と考えられていることが多いです。野球選手はユニフォームの一部として野球帽を被っているわけですが、観客席に挨拶するときなどは帽子をとって頭を下げている光景をよく見かけます。