このエントリーをはてなブックマークに追加
feed
トイレットペーパー トイレットペーパー トイレットペーパー トイレットペーパー トイレットペーパー

フリーのトイレットペーパーのアイコンです。まだ使われていないくらいの太さのトイレットペーパーがひとつ立ててあるイラストのフリー素材になっています。紙の端っこ(先端?)の部分が細かいギザギザになっています。円柱の中心には芯の穴があって空洞になっているので黒い色に塗りつぶしてあります。

トイレットペーパーとはトイレ(便所)に備え付けられている紙のことです。用を足した後にお尻をふくためのペーパーになります。日本ではウォッシュレットがかなり普及しているので、そんなときには水分をより多く吸収してくれるような素材のほうが使い勝手がよく、そんな需要のために開発された製品もあるようです。このトイレットペーパーのアイコン無料素材は、シングルタイプなのかダブルタイプなのか、ウォシュレット用なのか普通用なのか、それらについてはまったく判断できませんが、とりあえず太さだけは十分なのでまだまだ交換の必要はなさそうなボリュームです。トイレットペーパーにはシングルタイプとダブルタイプがありますが、シングルというのは紙が一枚なのに対し、ダブルというのは薄い紙が二枚重ねになっているもののことです。ただ、シングルタイプでも巻き取る量を二倍にすればダブルタイプと同じという気もしますが手間がかかるかどうかの問題なのかもしれません。トイレットペーパーはひとつも無くなってしまうととても困ったことになるので、いつも切らさないように買いだめしておかなければなりません。トイレの収納の中には予備のトイレットペーパーをたくさん入れておくと安心です。

東南アジアなどの発展途上国をバックパッカーみたいな感じで節約しながらの旅行するとき、ポケットティッシュのようなものはあまり売っていない(?)のでたいていトイレットペーパーをひとつバックパックに入れています。日本で生活しているときはボックスのティッシュがいつもそばにありますが、そのような旅行中はティッシュのかわりにトイレットペーパーを頻繁に使用することになります。鼻をかむのもそうですが、何かをふくときとか、もちろんトイレでも普通に使います。安宿でもたいていはトイレットペーパーくらいは備え付けてありますが、無いときのためにもひとつ持っておくと安心です。トイレットペーパーはその辺の小さな店にいけばすぐに手に入りますし安いです。旅行中は水道水はもちろん飲めないのでいつも飲み水を確保しておく必要がありますが、水とトイレットペーパーは本当にどこでも売ってる感じで手に入りやすいです。トイレットペーパー自体はもちろん日本で売ってる製品のほうが紙の質が高くて上部で使いやすいですが、慣れてくればまったく気にせず現地のトイレとペーパーで十分になってきます。

トイレットペーパーのフリーアイコン素材と言っても一体どんなときに使うのかはかなり疑問ではありますが、そんな感じで世界各国で生活必需品としてひろく浸透している製品なので、生活用品のイラストということで何かの機会に使ってもらえるかもしれません。このイラストは一応トイレットペーパーのつもりで描いたものですが、この形の製品は他にもあります。例えば、荷物を宅急便などで発送するときの梱包に使うプチプチ。プチプチもこのイラストのような形のロール型で売ってます。インターネットオークションに出品した商品が売れたときに自分で梱包する際、デリケートな商品の場合は一応プチプチのような緩衝材で包んだほうがよさそうだったのですが、プチプチなんて持ってなかったので買いました。プチプチというのは気泡緩衝材というそうですが、プチプチという名称自体が意外とよく知られているのでこちらのほうが伝わりやすいかもしれません。子供の頃にこのプチプチをつぶして遊んだ人は多いと思いますが、大人でもストレス発散?のためにやってる人もいそうです。